バルトレックスは病院で処方される薬

ヘルペスは強い感染力を持つ感染症です。
いつの間にかどこかから移されている可能性は高いですし、たとえ治して症状が治まったとしても、そのウイルスは体内の神経細胞が集まるところや神経節にもぐりこんでおり一生そこに住みついてしまいます。
しばしば何度も症状が悪化する危険性があります。

もしもピリピリやむずむずなど皮膚への不快感や痛みかゆみがあったら病院で初期症状です。
その後水ぶくれや赤みがでてくるはずです。
ただし何も症状を感じないこともあります。
違和感があれば病院に行ってみて下さい。
薬が処方されるでしょう。

ヘルペスの薬としてはバルトレックスが一般的です。
バルトレックスは抗ウイルス薬で、特にヘルペスウイルスの感染に効果的です。

ヘルペスウイルスというのは口唇ヘルペスや性器ヘルペス・帯状疱疹・みずぼうそうなど多くの疾患の原因となるため、バルトレックスはさまざまな場面で処方されるはずです。

バルトレックスは菌を殺す薬ではなく増殖を抑えるもの。
そのためすでに増殖しきった状態にて投与したとしてもあまり効果はありません。
あくまで初期の段階で投与するようにしてください。

安全性が高く副作用もほとんどないため用法用量を守って使用していれば問題ありません。
ただ頭痛や腹痛・嘔吐などの例は報告されていますし、ごく稀にアナフィラキシーや急性腎不全の症状も出ているので注意はしましょう。

何度も症状が出てくるヘルペス、そのたびに病院を受診し医師に見てもらうのは診断料も時間ももったいないもの。
それに、みずぼうそうならいいとしても、性器ヘルペスの場合は発症している場所的に医師であっても診てもらうのは恥ずかしいものですし、できれば家族にバレないで入手したいもの。

それでも毎回病院で処方してもらうしかないのでしょうか。
最近では通販サイトでさまざまなものが自宅にいながらにして手軽に手に入る時代です。
同じような入手方法は不可能なのでしょうか。

バルトレックスは病院でしか手に入れれない?

バルトレックスに関しては病院で処方してもらうしかありません。
とはいえ、同様の成分を持つものであれば薬局で購入したり通販サイトで手に入れたりすることはできるのです。
ジェネリック医薬品ということになるので家族にバレないだけでなくお値段も安くてすみます。

とはいえ、初めての感染時にはできれば医師に診てもらうことをおすすめします。

たとえば口唇ヘルペスの初感染時は直系5ミリ程度もの大きな水ぶくれが多発したり、熱が出たり、あごの下のリンパ節が腫れたりといった症状に。
2回目以降は皮膚に赤みが出たり水ぶくれが現れる程度で、終わったりという場合が多いです。

性器ヘルペスも初めてのときは強い痛みや発熱が伴われ、排尿や歩行さえ困難になることも多いのです。
そして2回目以降は軽い症状で終わるというわけです。

症状は軽いとはいえウイルスはしっかり持っています。
そのまま放っておいたり気づかないまま性交渉を行ってしまったらどんどん感染を拡げてしまうことに。
一度発症したら専門医に見てもらってバルトレックスで完治させ、それ以降は自身で薬を入手しておきちょっとでもその兆候に気づいたときにはすぐに対処できるようにしておいてください。

薬局ならともかく、通販サイトの場合にはお店としての実態がないためさまざまなお店があります。
きちんと信頼できるところで手に入れて下さい。
バルトレックスと同じ成分でヘルペスウイルスに対する抗ウイルス効果がないとどんなに安く手に入れても意味はありません。
医師の元で手に入れない以上はその薬に対して自身に責任がかかってきます。
用法用量をよく読んできちんと利用してください。
早めに薬を塗るようにすればきちんと治ります。

サイト内検索